株式会社センショー

image1.png
image11.jpeg

堀内麻祐子社長の略歴

1932年創業のめっき加工会社の3代目として事業を引継ぎ、

2011年4月株式会社センショー設立、代表取締役に就任。

「女性だからといって出来ない事は何もない」という考えのもと2014年から女性活躍推進に取組む。

 

2015年 大阪府鍍金工業組合 創立100年で初めての女性理事に就任。

2017年 全国鍍金工業組合連合会 女性経営者部会 会長に就任。

2018年より大阪市中小企業対策審議会委員、全国中央会女性部活性化委員会委員

2019年 厚生労働省 臨時労働委員 中央最低賃金審査会委員を歴任。

『大阪市女性活躍リーディングカンパニー』認証取得企業。

image10.jpeg

堀内社長は元々継ぐおつもりだったのですか?

(堀内社長)

元々2年ほど働いていました。父が亡くなってセンショーを設立したんですけど、父が専務で、叔父が社長をしていました。

社長が病気で倒れて、専務の父が社長の代行していたのですが、父が亡くなって、どうしようもなくなって継ぐことになりました。

ー事業を継承された時はどのような想いでしたか?

(堀内社長)

町工場で、場所もイメージの良くない西成区で、しかもメッキっていう一般的に知っている方も少ない業種で。

やっぱり若い社員の子たちが集まらないですし。

町工場って年配の男性が多いイメージがあると思うんですが、私が引き継いだ時も年配の方がいっぱいで。

「暗い、怖い」そういう工場だったんですけど、

若い人たちが「就職したい」「ここで働きたい」と思ってくれるような工場を作りたい。その気持ちですね。

image14.jpeg

ーインターンシップ生の受け入れもその想いから始められたのですか?

(堀内社長)

竹原さん(同席されていた総務部の方)がインターンシップ一期生で。

数年前に大学に行きながら、3ヶ月はインターンシップ、3ヶ月アルバイトでうちに来て、

そのまま卒業と同時に就職をしてくれました。そのときはまだ全然女の子がいなくて、暗い製造業の町工場に女の子を採用して、

「新しい風を吹かせたい、イメージを変えたい」というような気持ちでした。

最初は女性のインターンシップ生を是非採用したいですということで紹介をしてもらったんです。

image5.jpeg

ー竹原様はものづくりにもともとご興味がおありだったたのですか?

(竹原さん)

就職活動中は特にものづくりに絞って見ていたわけではなかったですね。

インターンシップで実際にみなさんと一緒にお仕事した上で、ここで頑張っていきたいなと思って就職しました。

ーインターンに応募するまでの不安が大きいと思うのですが…

どうでしたか?

(竹原さん)

そうですね。

インターンシップ参加するまでものすごく腰が重くて(笑)

一緒に活動していたわけではないんですけど、きっかけは友達に誘われてでした。

あの子が参加するなら参加しようかなっていう気持ちで参加しました。

ー社内報である「SENSYO NEWSPAPER」、FacebookやYouTubeチャンネルが開設されていますよね。

(堀内社長)

「SENSYO NEWSPAPER」は竹原さんが入社した時に始めました。女の子が来てくれたからこそ社内報を始めて。

名刺交換した人にしか配信していないんですけど、メルマガを毎週月曜日に配信していて、それも250回くらいしています。

事務系女性が毎週交代で配信しています。1000件くらいに配信しています。

Facebookも、もともとは女性社員がアップしてくれていましたが、今はヴォルニーさん(同席されていた社員さん)がSNS担当で。

ホームページもマーケティング系、動画の作成も全てやってくれています。

 

ー見やすいホームページだと思っていました!社内報は社長発信で始まったのですか?

(堀内社長)

最初は一回作ってみてって言って始まったんですけど、今は出来上がった完成系を見せてもらうだけです。

みんなでネタを探しています。ネタ作りは私の仕事です。

ー御社の魅力はどのように感じていますか?

(堀内社長)

御社の強みは何ですかとよく聞かれるんですが、

それはずっと「社員」と答えています。

働いている人たちがセンショーとしての会社の強みです。

ー社員さんの採用についてですが、ホームページでは前向き、好奇心旺盛の人を募集していると書かれているのを拝見しました。

 何か理由があるのでしょうか?

(堀内社長)

仕事も勉強も好奇心ってすごく大事。仕事になると特にだと思うんですけど、例えばうちの場合メッキという加工をしているなかで、

不良品が出ることもあるんですよ。不良じゃなく、きれいにできあがったときにも、すごくちっちゃなことにも、

「なぜ」っていう気持ちがあると、自分で色んな事を調べたりとか、人に聞いたりして、どんどん自分の身についていく。

「じゃあこうしたらどうなの」と思うことで、幅も広がっていく。

好奇心がないと、ただただ毎日言われたことをルーチーンでやっているだけってなり、楽しくないと思う。

だから常に仕事だけじゃなくて、色んな事に好奇心を持って取り組む人が来てほしいなと思っています。

ーどのような人が評価されて昇進される人事制度を取られていますか?

(堀内社長)

まだきっちりとした制度はなくて、ほとんど上司評価になってしまうんです。頑張っているのはみんなすごく頑張ってくれています。

その中でも、役職がつく人(最初はリーダー、班長、係長、課長)は、相手の立場になって考えられる、

後輩を一人前に育てられるような方。人間性を重視しています。

ー人間性を大事にしてほしいという想いで

皆さんと関わっていらっしゃるのでしょうか?

(堀内社長)

そこだけです。仕事は毎日やっていたら勝手に覚えるからね。

image9.jpeg

社員の方々への想いや、期待することは?

(堀内社長)

仕事は大変なこともあって、今日はちょっと行きたくないなって日もあるでしょう。

でも仕事の楽しみって私がいくら何かしてあげようと思ってもできなくて、自分でしか作れない。

だから自分がやっている仕事に対して何かやりがいや楽しみや面白みを自分で作り出せるような人になってほしいな。

期待することは、自分に自信を持ってしっかりと生きていける人になって欲しい。

ー社員を大切にするようになったきっかけはありますか?

(堀内社長)

最初は若い人を全然採用できなくて。今67名のうち、半分くらいが20代で、30代も入れたら3分の2くらいになると思うんですけど、

若い子たちが来てくれてすごく嬉しい。一生懸命がんばってくれている姿がすごく嬉しい。

深い理由はないです。(自然体でされている)

若い人たちが楽しそうに現場でしゃべっていたりする姿を見られるのが楽しい、嬉しい。

仲良く、会社がそういう雰囲気になっていると、仕事も一生懸命するんでしょうね。

あまり仕事のことで私自身が言うことは何もないですね。

ー女性社員さん(全員20代)の育休産休の制度は整えられている段階でしょうか?

(堀内社長)

今のところみんな結婚しておらず、実績はないです。ただ、制度あります。

就業規則の制度は一般的なものですが、実際に誰かが取る段階になったら、現実に合わせて変えると思います。

ー大卒の方が来るまで時間はかかりましたか?

(堀内社長)

竹原さんが初めて。彼女たちが大卒の新卒で始めてで、そのときに第二新卒で理系の子も含め4名新卒採用しました。

ーセンショーさんに入社される方は大学卒、高卒どちらが多いですか?

(堀内社長)

今は大卒が多いです。大学には営業していなくて、100%に近いくらいエージェント経由の採用です。

合同企業説明会とかそういうものには出ています。中途採用も大卒の方が多いですね。

ー女性社員の方が多くなっていますが、女性社員がいると和気あいあいとするのでしょうか?

(竹原さん)

していると思います。

(堀内社長)

男性ばっかりおかしいですもんね。理想は男性女性半々です。うちは圧倒的に女性の方が強いです(笑)

ー以前からいらっしゃる男性社員は女性社員の入社に

どのような反応をされましたか?

(堀内社長)

インターンシップの前にすごく反対されました。それまで職人の世界で、

職人さんの工場といった感じでした。

職人さんたちからすると、大卒の女性が来てどうするのかという反応で反対されました。でも実際始まって来てもらうと、やっぱり可愛いみたいでした。

(竹原さん)

私はもともといる社員さんに可愛がってもらっていたなと思います。

image4.jpeg

ー事務、現場との交流はあるのでしょうか?

(竹原さん)

交流はあります。女性特有の変なグループもないです。

 

ーそのための催し物はありますか?

(堀内社長)

今年(2020年)は何もできてないんですけど、GW前に全体で歓迎会をして、忘年会や社員旅行、後は各部署、工場ごとにイベントをしています。たまに女子会(ビュッフェなど)をしています。

 

image3.jpeg
image2.jpeg

ーそういった取り組みは社長発信でしょうか?

(堀内社長)

最初はね。昔はコミュニケーション委員会があって、竹原さんが入りたての、

「学校みたい」と言われていた時期に、委員会設立し、そこで企画運営をしていた。

新入社員さんが馴染めるように、直属の先輩に聞けないことを他部署に聞ける繋がりづくりになるという意図でやっていました。

ー将来の展望は?

(堀内社長)

若い人たちが成長してきているので、3つ工場があるなかで若い工場長が誕生してほしいです。

今の部長が50代なので定年まで時間あるけど、若い子たちが役職に就いていってくれるような会社にしたいなと思っています。

今お客さんは国内だけですが、製品はお客さんを通して海外に出ていっているんですね。海外の工場を持つとかではなくて、

海外の仕事を日本でやりたくて、始めているところです。ヴォルニーさんが海外向けのホームページを作ってくれたりしています。

今10期目ですが、向こう10期の目標にしています。

image13.jpeg

ー課題はありますか?

(堀内社長)

教育制度がよく整っていると言われるんですけど、メッキの学校や国家試験、検定を受けてもらっている。              でも、それ以外の面、製造業とか関係なく、社会人としての教育ができていないと感じています。                   そういう面もしっかりとしていきたいかな。

評価制度もです。どうなったら課長になれるのかが曖昧。今は上司に指名されてでしかないですけど、入社したときから、

どうやったら課長や係長になれるのかをはっきりわかるようにしていきたいです。

キャリアプランに関してもですが、最初男性は製造向きか管理向きかの適正がどちらかわからず、入社後、時間が経ってからわかるんです。それぞれの適正にあった教育をしていかなければならない。キャリアプランを修正しながら、教育できるシステムが必要かな。

あとは、女性の育休制度で、どんなふうに復帰してもらうのかを考えていきたいなと思っています。

ー今の大学生に一言お願いします。

(堀内社長)

夢を持って欲しい。私たちの世代は就職に対しても意思がはっきりとしていたんです。それは今みたいに情報がなかったからだと思います。女性の仕事だと、学校の先生や看護師さんやCAのように、いくつか憧れの職業みたいなのに、夢を持って就職していたんですね。今は情報がありすぎて、なる前から判断をしている傾向があるように感じて、かわいそうかな。私のころは女性は「商社」への就職が憧れでした。そういう風に夢を持ってほしいです。

​〈取材を終えて〉

インタビューを行なって、堀内社長の社員さんに対する思いが とても伝わってきました。

センショーさんの魅力についてお尋ねした際に、

「社員です」とおっしゃっていたのがとても印象的でした。

本当に社員さんを大事にされている社長さんなのだと思いました。

そして、女性を採用することによって、良い職場環境を作ることができるのだとわかりました。​

image12.jpeg